MENU

肩こりの人は枕を変えてみると症状が和らぐ場合があります

 

肩こりに良い枕を使用すると肩への負担が少なくなるため、症状の改善につながります。

 

肩こりの人が枕を選ぶ際には、硬さと高さと素材が重要なポイントになります。これらのバランスが優れている枕は肩こりの人に適しています。

 

 

枕の高さについては、2.5cmから5cm程度の高さのものを選ぶようにします。

 

痩せている人は2.5cmから3cm程度の高さが良く、太っている人は4cmから5cm程度の高さが理想です。

 

この程度の高さだと肩への負担は大幅に軽減され、肩こりの改善につながります。

 

 

硬さについては、柔らかすぎても硬すぎてもダメで、ちょうど良い硬さのものを選ぶことが大切です。

 

柔らかすぎると寝返りがしにくくなり、寝返りができないと肩や首に負担がかかります。硬すぎると首に負担がかかり、肩こりの原因になります。

 

 

素材については、通気性と吸湿性が優れている素材のものを選ぶようにします。

 

肩こりの人にオススメの枕には、羽毛の商品や低反発ウレタンの商品、蕎麦殻の商品などがあります。

 

羽毛は柔らかい素材ですが、弾力性があるため、肩や首への負担が軽減されます。

 

羽毛は吸湿性が優れており、蒸し暑い夏でも快適に眠ることができます。発散性も優れているので、清潔な状態を保ちます。このように羽毛の商品は非常に優れていますが、値段は高めになります。

 

 

低反発ウレタンの商品は、クッション性が非常に優れており、フィット感も抜群です。クッション性が優れているので肩と首への負担はかかりにくく、ぐっすりと眠ることができます。低反発ウレタンの枕は人気商品になっており、いろいろな商品が市販されています。

 

蕎麦殻の枕は日本では昔から使用されており、吸湿性が良いため、蒸し暑い夏でも安眠できます。やや硬めになりますが、肩や首への負担はあまりないので、肩こりの人には最適です。蕎麦殻の商品はそばアレルギーの人や喘息の人は使用できないので注意が必要です。

横向き枕おすすめランキングへ戻る