MENU

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に何度も呼吸が止まってしまう症状です。

 

しばらくすると呼吸はできますが、夜中に何度も起きてしまうこともあり、ぐっすりと熟睡することができなくなります。

 

寝不足の状態が続きますので、健康にも悪影響を及ぼします。

 

主な合併症には、高血圧症や不整脈などの循環器の疾患があります。

 

自分で治そうと思ったら普段仰向け寝の人は、横向き枕を使って横をむいて寝ることで舌の落ち込みが無くなり、軌道を確保しやすくなるので試してみると良いでしょう。

 

 

最近はトラック運転手の居眠り運転による交通事故が増えていますが、睡眠時無呼吸症候群になると、居眠り運転をするリスクが高まります。

 

トラック運転手などのプロドライバーは、定期的に睡眠時無呼吸症候群の検査を受けることが必要です。

 

いびきがひどい人やぐっすりと眠れない人も、病院で検査を受けることが望ましいです。

 

 

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠障害を専門に行っている病院や総合病院の睡眠外来で治療できます。近くにこのような病院がない場合には、耳鼻咽喉科や呼吸器内科の病院でも治療を受けることが可能です。ただし、全ての耳鼻咽喉科や呼吸器内科が治療を行っているわけではないので注意します。

 

 

睡眠外来の病院では、終夜睡眠ポリグラフ検査による精密検査が受けられます。

 

終夜睡眠ポリグラフ検査は一晩病院に入院することが必要になり、睡眠時の体の状態を細かくチェックします。終夜睡眠ポリグラフ検査を受けると、睡眠中の脳波や眼球の運動、筋肉の動きなどを測定することができ、検査の結果に基づいて治療方針を決定します。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の主な治療法には、CPAPやスリープスプリント療法、UPPPなどがあります。

 

CPAPは、気道を広げる特殊な装置を装着して就寝します。酸素マスクのようなものを口に当てて眠ることになりますが、睡眠中は気道を広げることができるため、無呼吸の症状は改善します。

 

 

スリープスプリント療法は、マウスピースを使って無呼吸の症状を治す療法です。

 

マウスピースを付けて眠ることにより、CPAPと同じように、睡眠中に気道をずっと広げることが可能になります。

 

スリープスプリント療法を受ける際には自分専用のマウスピースを作ることが必要になりますが、マウスピースは保険適用で製作することができ、13000円から18000円程度で製作できます。

 

 

CPAPやスリープスプリント療法でも治らなかった時には、最後の手段として、UPPPが行われます。

 

UPPPは口蓋垂軟口蓋咽頭形成術という外科手術で、気道をふさいでいる軟口蓋や口蓋垂、口蓋扁桃を切除して気道を広げます。気道が広がることによって、無呼吸の症状は完全に治ります。

横向き枕おすすめランキングへ戻る