MENU

横向きで寝ると肩がいたいひとは?

 

睡眠時に仰向け寝より横向き寝をした方が寝つきが良く、安心感があるという方がいます。

また、横向き寝には睡眠時無呼吸症候群やいびきを改善する効果があるので、あえて横向きで寝るという方もいます。

 

そのような方の中には寝つきは良くても朝起きると肩が痛い、肩が凝ると言う方が多くいらっしゃいます。なぜなら枕が合っていないからです。

 

大抵の枕は仰向け寝用に高さが調整されています。

 

そのような枕で横向き寝をするとそもそもの高さがあっていないので、頸椎に余計な負担をかけると共に下になった方の肩が圧迫されるため痛みや凝りが生じるのです。

 

横向き枕の利用や、高さを自分で調整しよう

 

これは枕を専用の横向き枕にしたり、高さを調整することで改善できます。

 

では、どのような枕がいいかと言うと横向き寝をした際に背骨が真っ直ぐになる高さのあるものがいいです。

 

横向き寝専用枕でもいいですし、自分で高さを調整して高めの枕を使うのもいいです。

 

すると背骨が不自然に曲がらないので、朝起きて身体が痛いといった症状を防げます。また、頭部と頚部で高さが異なるので、その形に合わせてくぼむものにすると首も疲れずに安眠できます。

 

抱き枕を使うことも検討してみては

横向き寝はどうしても身体の下側に体重がかかって仰向け寝より圧迫されてしまいます。

 

それを防ぐためには抱き枕も有効です。抱き枕を使うと圧が分散され、肩や腰にかかる負担が軽減されます。

 

このように横向き寝をすると身体に変に負担がかかり、肩に痛みを生じたり体調を崩すこともありますが枕を変えるだけで症状を改善できます。

 

横向き枕を用意するのもいいですが、手持ちの枕の高さを調整できるようならそれでも大丈夫です。

 

睡眠は疲労回復や体内バランスを整える一番有効な方法です。

 

しかし、合わない枕はかえって体調を崩す原因になります。横向き寝をする際にはきちんと高さを合わせた枕を使うことをおすすめします。私が試してよかったヨコネという枕の体験談を書いてみました。(参考)

横向き枕おすすめランキングへ戻る