MENU

横向きの人のための布団と枕えらび

 

今日は、睡眠時に横向きで寝る場合についてお話ししたいと思います。

 

人が睡眠時にとる姿勢は多種多様です。うつぶせに寝るのが楽な方もいるし、仰向きじゃないと寝られない人もいます。

 

横向き寝にすると寝入りやすいという方も多いと思います。けれど、毎日身体の片方に重さがかかるような姿勢で寝る習慣がある方は、身体が歪んでしまうことがあります。

 

特に、重い布団や高い枕を使っていると、肩凝りに悩むこともありますす。

 

また、顔や体にゆがみが生じて、姿勢が悪くなったり、顔が歪んでしまったり、歯並びに影響が出たりすることもあります。

 

これらを防ぐ為には、なるべく軽い布団や、低い枕を使って、顔や体に負担がかからないようにするのがベター

 

まず、布団ですが、軽い羽毛布団や、真冬などの極寒の時にはそれにプラスして電気毛布を使用するようにしたりして、工夫しましょう。

 

そうすると、掛け布団の重さの負担が軽減します。

 

次に、枕はできれば専用の横向き枕がよいと思います。頭や首に負担がかかりにくくなり、肩コリや、首のしわの予防にもなります。

 

また、自分にぴったりな枕がなかなか見つからない方は、バスタオルを折りたたんだものを枕の代わりに使用するのもおすすめです。衛生面でも、毎日交換できますし、枕カバーを毎日交換するよりも簡単です。

 

横向きに寝るよりは、仰向けに寝るようにすると、上記のような身体のいろいろな場所の歪みが生じにくいとは言いますが、寝入りやすい姿勢は人それぞれですね。

 

自分に合った姿勢で、毎日ぐっすりと寝て良質な睡眠をとりたいものですね。

 

美容のためにも健康のためにも、なるべく身体に負担を掛けないような工夫を凝らして、ぐっすりと快適な睡眠ライフをお送りくださいね。

横向き枕おすすめランキングへ戻る