MENU

睡眠時に横向き寝をする人がいますが、これにはどんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのでしょうか。

 

横向きで寝る際のメリットとは

まず横向き寝のメリットですが、東洋医学では横向き寝は身体に負担が掛からない寝方と言われていまして、現に重たい臓器と言われる肝臓がある右を下にすることによって心臓が圧迫されないことになり楽になれます。

 

臓器の位置の関係もあり消化吸収がしやすい状況にもなり、呼吸もしやすく、身体中が楽な体勢になっていると言えるでしょう。

 

全身がリラックス状態であるということは寝やすい体勢でもあって、酸素を身体中に回らすことができるので疲れをとれます。

 

これに加えて腰痛にも良い体勢であり、仰向きやうつ伏せ寝にない身体への変な圧迫がないのです。

 

横向き寝のデメリットも確認しておこう

次に横向き寝によるデメリットになりますが、身体の半分のどちらかが下になりバランスの悪い状態になります。

 

身体の臓器などには問題ないのかもしれませんが、女性にとっては美容を考えた時にデメリットが生じます。

 

上になっている部分は当然ですが重力があるので下に垂れ下がることになり、肌のたるみが発生しやすいです。上の方はたるみになり、下の方は上から押しつぶされる形となりシワになりやすいです。

 

 

身体的な部分のデメリットで言いますと、関節や骨盤に違和感が生じることが多々あります。肩こりになりやすかったり、骨盤が歪みやすくなったりしますので、その影響によってリンパの流れが悪くなるなどの働きがあるでしょう。

 

このように横向き寝のメリットとデメリットがありますので、寝返りがしやすい体勢、布団、マットレス、横向き枕を使って寝ると良いですね。メリットだけを得るためにS字になる横向き寝にしてみたりと工夫してみることも大事です。

横向き枕おすすめランキングへ戻る