MENU

人それぞれ寝る時の癖はあります。
その姿勢の方が寝やすい、と言う事も多く、なかなか改善しようと思っても変わらないと言う人も珍しくありません。
寝方の一つがうつ伏せ寝です。

 

うつ伏せ寝のメリットの一つはいびきの軽減

寝ている時にいびきをかいてしまう原因の一つが舌が喉の奥の方に落ちてしまうと言う事になりますが、うつぶせにすれば舌がのどの方に言ってしまうと言う事は少なくなります。

 

勿論気道を確保しやすくなるので、睡眠時無呼吸症候群の防止にも効果が期待出来、呼吸が楽になる為に睡眠の質も上がります

 

その為、人によっては今までの寝方に比べるとはるかに良く寝た、すっきりしたと感じる人もいるでしょう。

 

うつぶせ寝のデメリット、首だいじょうぶ?

 

ただうつ伏せと言うのは、そもそも顔が敷布団やまくらなどに触れている状態となります。そうした布の痕が残りやすくなり、時間が経過してもまだ残っていると言う可能性も出て来ます。大人の女性の場合はお肌への負担や清潔保持を考えてうつ伏せ寝はおすすめできません。

 

また寝る時にはある程度首の形が変わる為、首が固い人はこの姿勢での睡眠をする事自体が不可能となってしまい、結果的に何度も位置を調整しなければいけなくなる場合も決して珍しくありません。

 

仰向けだとどうしても何も顔に触れていない状態になってしまう為に不安だ、と思っている人にとっては大きなメリットを感じる事が出来るうつ伏せ寝ですが、実際には体に負担を掛けている場合もあるので気を付けるべきです。

 

また首をひねって寝ていると、いつも同じ方向に首がねじれている状態になってしまう為、頸椎にも負担を掛けてしまいます。その為、人によってはその状態からできるだけ早い段階で改善する方が良いと言う報告もあります。

うつ伏せ寝を治す改善方法

最初から仰向けで寝るのが難しい人は、抱き枕を使って横向きで寝るところから始めてみると良いでしょう。抱き枕の大きさがあるのでうつ伏せ状態にはなりにくいのでオススメです。

 

 

最終的にうつ伏せ寝を治す場合は、低い枕を利用して仰向けで寝にチャレンジしてみます。

 

高い枕になるとどうしても首が折れている様な状態になってしまう為、横に向いたりうつぶせになりがちだからです。低めの枕を利用すれば、仰向けになる事は決して不可能ではありません。

 

もう一つは仰向けになった時に自然な姿勢で楽だと感じる事が出来るふとんやマットレスを購入すると言う事です。

 

うつ伏せ寝をすると言う事は、それだけ仰向けになる事に対して違和感を感じていると言う事になります。
寝具を変える事によって寝る時の姿勢の負担が軽減され、その結果仰向けの状態を継続してもそれ程腰等に負担を感じない場合もあります。

 

それでもダメな場合は、両腕を上に上げて寝てみるのも良いでしょう。一見疲れそうにも見えるかもしれませんが、案外すんなりと仰向けで寝られるようになる人もいます。

 

 

横向き枕おすすめランキングへ戻る