MENU

仰向けでは落ち着かない、朝起きるとうつ伏せになっているという人も意外と多いです。

 

仰向けで寝ると熟睡できずに寝たり起きたりを繰り返し、翌朝には疲れが残っていることから日に日にやつれていくこともあります。

 

そうしたうつ伏せ寝の人が一般の枕を使用していると、頭の位置が高めにくるため体が反ったような状態になって腰や背中に負担がかかります。

 

また、顔だけが横を向くため首や肩にも影響が出て、せっかく眠っても頭痛や肩こりが酷くなることもあります。そのため、通常の枕は使用せずにそのまま寝るか、うつ伏せ寝専用の枕を用意しましょう。

 

仰向けの人に専用の枕があるように、うつ伏せ寝にもしっかりした枕が必要です。

 

枕なしでは顔が真っ直ぐ下を向いて寝ることができず、呼吸ができなくなるため常に横を向くことになりますが、専用の枕なら中央に穴が空いていたり、V字などの形状となって呼吸を邪魔しなくなっているため、顔を真っ直ぐにして首や肩に負担をかけずに寝ることができます

 

寝る姿勢が改善されることで、普段から圧迫されていた首などが開放され、血流がスムーズになることで頭痛や肩こり、腰痛といった問題も解決できるようになります。

 

また、仰向けで落ち着かないということもなくなるので、ぐっすりと眠ることができ翌日に疲れを残すことも少なくなります。

 

素材や大きさだけでなく、形状や硬さなども様々なため、自分に合ったアイテムを探してみると良いかもしれません。

横向き枕おすすめランキングへ戻る