MENU

枕の選び方

枕は就寝するときに、頭部を載せて支えるための寝具になります。素材はウレタン、プラスチック、籾殻、綿、スポンジなどさまざまなもので作られています。

 

さまざま素材で作られていますが、高さや硬さなどが合わなければ良質な睡眠は得られない重要なアイテムでもあります。

 

枕にも種類があり、高さや重さなどによって使い心地は異なってきます。どんなに人が良いと言った枕でも体型に合わなければ快眠はできないとされています。

 

そのため枕の選び方は、自分の性別や体型に合ったもの、寝方に合わせて最適なものを選んでいくことが大切です。

 

枕選びにおいて高さの基準とは

  • がっちりと体型の良い人は一般的に背中の肉付きも良いため4〜5センチ程度の比較的高い枕がおすすめです。背中の厚みと後頭部、寝具への距離を考えると少し高めの方が自然な寝姿勢を維持することができるとされています。女性なら0.5センチほど低くても良いとされており、これぐらいの高さを基準値として自分の好みや相性を考えて選んでいきます。
  • 一般的な標準体型、痩せ型という場合の男性なら3〜4センチ程度が基準となります。
  • 痩せているという人なら2.5〜3センチほど、女性なら0.5センチほど低いものを中心に考えてくことが良いとされています。

    スマートな体型でも、スポーツを長期的に行なっている場合は長期的にスポーツをしていない人とは骨格が異なります。そのため基準値よりも少し高めの方が使い心地が良いということもあるため注意が必要です。

  • 横向きに寝るほうが寝やすい人であれば肩の高さを考えて、高め枕の方が快適に睡眠ができるといわれています。今は横向き専用の枕が販売されてますので横向き枕を使うのもOKです。

 

しかし、これらはあくまでも基準値になります。首の形や肩幅など、親子や兄弟であっても違ってきます。そのため自分にあった枕を選ぶということは難しく、通販などで購入しようとしてもなかなか自分に合った物を購入することができないのです。

 

枕が合わずに負担になると、首が休まらなかったり血行が滞ってしまう、骨が歪むなどが出てきてしまい首の痛みや肩こりに繋がってしまいます。低くても高くても負担となってしまうため自分に合った物を選ぶことが大切です。また、うつぶせ寝は体の大きな負担になる場合もあります。

 

自分で自分に合った枕の選び方ができないという場合には、寝具を売っているお店で店員に相談するか、値段が高くなりますが自分に合ったオーダーメイドの枕購入してみるというのもおすすめです。

横向き枕おすすめランキングへ戻る

【枕の選び方】体型別、横向き、仰向け、うつ伏せ寝の枕記事一覧

枕の種類は数多く、中に詰められる素材によって、頭を支える感覚であったり、寝心地が大きく左右される事があります。ウレタン素材枕に使われる代表的な素材、ウレタンの特徴は弾力で、製造時に自由に硬さが変えられ...

低反発枕のメリットは、体重をかけた部分が体の形に添って窪み、無理なく支えられる点が特徴になります。押すとゆっくり戻ってくる素材です。体に併せて窪みが出来ると、体と低反発枕の接触面積は増加するので、一点...

高反発枕のメリット・デメリット!高反発枕は高反発マットレスと同様にウレタン素材の弾力性の強度から、頭が沈み込み過ぎず頭の位置が良い意味で固定されることによって、首や肩に負担がかからないといったメリット...

元気で健康的な生活を日々送るためにも、質の良い眠りは重要です。布団だけでなく枕も自分に合ったものにしたい、朝起きたときに肩や首に痛みがあるという人はオーダーメイド枕を考えてみてもよいでしょう。眠りに対...

赤ちゃんにとっては「脳をつくる」、子供は「健やかな成長」、学生は「学ぶ力」、女性にとっては「美」、社会人は「パフォーマンス」、老人は「健康」と言われるように、人間には睡眠するだけでも、これだけの事はい...