MENU

ウレタン/羽毛/そば殻/パイプ/ビーズの違い

枕の種類は数多く、中に詰められる素材によって、頭を支える感覚であったり、寝心地が大きく左右される事があります。

 

ウレタン素材

枕に使われる代表的な素材、ウレタンの特徴は弾力で、製造時に自由に硬さが変えられる特徴を持っています。
ウレタンはスポンジ状で、密度を高めれば高反発、減らして空気を含むように作れば低反発に作る事が出来ます。
製造コストが低いので、今では枕だけではなく、クッションや椅子にも当たり前のように使われています。

 

高反発や低反発は、素材が持つ特徴の違いであったり、加工によって変えられる硬さと形状保持の特徴を指します。
詰め物の密度が高ければ、形状が変わりにくい高反発になりますし、密度を減らせば低反発として体にあった形状に変化します。

 

どちらが良いかは深く眠れるか、あるいは首の負担等を考えて判断する必要があるので、反発力だけを比べて寝具を決める事は難しくなります。

 

羽毛

羽毛は布団にも使われていますが、枕に使用する事によって、空気を含んだ中身が頭を支えてくれる事が利点です。
冬は暖かくて快適ですが、夏場は暖かい空気を含みやすいので、頭が蒸れたり汗をかく可能性が高い点が欠点になります。
また、製造や加工の技術が質に影響するので、どちらかといえば高級な寝具に使われている事が実情です。

 

そばがら

そばがらは昔から使われている枕の定番で、自由に形を変える特徴だけではなく、好みに合わせて形が整えられるメリットもあります。
独特の寝心地があり、様々な選択肢が登場している現在でも、こだわりをもって選ぶ人が一定数存在する素材です。
ただ、汗を吸ってしまうと、餌とする虫が湧いてしまう事があるので、定期的に天日干しを行う必要があります。

 

綿

綿は一般的な詰め物で、中に詰める量を増やしたり、逆に減らす事で形が変えられる素材といえます。
クッションにも使われる物なので、手触りや弾力は柔らかく、自然な寝心地が得られる点が魅力的です。
しかし、熱や汗で潰れてしまうので、当初の寝心地がいつまで続くかは、寝る人や環境によって変化してしまいます。

 

パイプ、ビーズ

パイプとビーズは比較的新しく登場した者で、パイプはストロー状、ビーズは穴の空いたマシュマロのような形状になっています。
中が空洞になっているので、熱がこもる心配が少なく、夏場でも快適に眠れる睡眠に適した材質です。
他の詰め物とは違って、寝心地は独特のものになるので、人によって好みが変わる事が短所になります。

 

 

選択肢が増加しているので、消費者は迷いがちになりますが、特徴や違いを理解して選び始めれば、好みに合う最適な寝具が見付けられる切っ掛けになります。

横向き枕おすすめランキングへ戻る