MENU

低反発枕のあれこれ

低反発枕のメリットは、体重をかけた部分が体の形に添って窪み、無理なく支えられる点が特徴になります。押すとゆっくり戻ってくる素材です。

 

体に併せて窪みが出来ると、体と低反発枕の接触面積は増加するので、一点に負担が集中する事がなくなり、広範囲で無理なく体重が支えられる結果に繋がります。

 

反発力の強い高反発枕は、ピンと張った状態と考えられるので、強く体重をかけなければ窪みませんし、変形しても少ない接触面積が体に触れる事になります。

 

つまり、低反発枕は反発力が低い事によって、どのような姿勢で頭を預けても、無理なく重たい頭を支える事が出来ます。

 

一方、低反発枕にもデメリットはあり、硬い枕を好む人には向かない事が代表的な欠点になります。

 

また、反発力が弱過ぎる場合は、首の後ろに負担がかかって血流が妨げられたり、筋肉が緊張してコリの原因になり得ます。

 

低反発枕は高反発素材に比べて、良い面と劣る部分があるので、メリットだけを過信するのではなく、使う人と状況に合わせて選ぶ事がおすすめです。

 

低反発枕のおすすめは

 

スリープル

低反発の代表的なスリープルは、首のS字が考えられた形状で、低価格ながらも高品質で人気を呼んでいる商品といえます。

レビューの多さは人気の証で、どの意見も満足感が高く、耐久性に優れている事で長く使える点が評価されています。

メガピロー

メガピローは比較的高価ですが、寝返りもカバーする程の大きさで、全ての姿勢に対応出来る事が魅力の商品になります。

一般的に平均よりも高い商品は、値段だけで敬遠される理由になりますが、この商品は使う人が正しく評価を行い、今では圧倒的なレビュー数を誇っています。

エコラテ3Dピロー

中間の価格に位置するエコラテ3Dピローは、名前の通り立体的な形状で、小型かつコンパクトな事もあり、女性を中心に選ばれています。

表面には穴が開いているので、汗の湿気や熱がこもりにくく、夏でも快適に眠れる点が魅力になります。

 

これらの商品がおすすめの人は、一日中同じ姿勢を長時間保ち続けたり、肩こりや眼精疲労を理由とした頭痛が発生している状況等が条件になります。

 

首の緊張が解放されれば、それに伴い肩の筋肉も休めるようになるので、首を中心とした悩みを抱えている人に最適です。

 

枕を選ぶ際のコツとしては、頭が上がり過ぎない高さの枕を基本として、寝返りの範囲も対応出来たり、頭と首全体で支えられている感覚が得られる物を条件とする事です。

 

本当に体に合う枕と出合った時は、一度頭を乗せるだけでフィットしたり、頭の位置を変えなくても長時間眠りに集中する事が可能になります。

横向き枕おすすめランキングへ戻る